Home Page

協会の取り組み

花押(かおう)は、日本で1000年以上の歴史がある署名の文化で、名前をひとつの文字として図案化したものです。

日本では平安時代中期(10世紀ごろ)から使用され始め、歴史によって花押の作り方はユニークにアレンジされていきました。家柄で形状を揃えたり、苗字を入れたり、さらに戦国時代には名前でなくその時の願いを署名にしたりと文化的に昇華したのです。そして花押は戦国時代まで盛んに使われましたが、江戸時代にビジネスに使われ、一部の人によって作り方がルール化され一般には使われなくなってしまいました。

花押は日本の歴史と共にありました。それは花押が単なる署名ではなく、時には人格の象徴として捉えられ、時にはその人物の想いが込められた一文字であったからです。

当協会ではそういった花押の歴史から花押の本質は「その想いを表す一文字」と定義し、1000年以上つづく花押の文化を尊重しつつ、署名としての役割を終えた花押を現代に合わせてアレンジし、美しい花押文化を未来に継承していく事を目的としています。
そして、花押をきっかけとして世界中の方に日本の歴史、書道、伝統工芸品などに興味を持っていただける様になればと願います。

Our belief and purpose

Kaou is one of Japanese cultures that has more than 1000 years history.It is one letter that designed to represent your name.

In Japan, Kaou was used since middle of Heian era (around 10th century) , and designing of Kaou has changed depend on the period .

Sometimes family members had the same Kaou or put ones’s family name into design. In an age of civil war, people designed their prayer into Kaou.
Kaou was very popular until Azuchi-Momoyama era but at Edo era,the way of design was ruled and it became not so common.

Kaou has always been in Japanese history because it is not a merely signature but sometimes it represents one’s identity or their prayer.

Our association took this Kaou’s history into account to define the essence of Kaou “One letter that represents one’s prayer”. We respect Kapou’s history that lasts more than 1000 years.Though it is not used as a signature generally now, our propose is to arrange Kaou modern and inherit this beautiful Kaou culture and convey it into the future.

 

代表理事挨拶

日本に花押が生まれて1,000年。

日本から花押が消えて150年。

「すべての人に、本気のサインを。」

いつの時代も、花押を使って歴史を動かしてきました。
そこには、歴史的な人物達のサインがありました。
しかし、日本人はいつしか印鑑を使うようになっています。
いまこそ本気のサインを持ってもらいたい。
これからの時代、自分に誇れる花押を持ってもらいたい。
国や組織のトップリーダーたちはもちろんのこと、一般の方々も国内外でサインを求められることは多いわけです。
我々は、書道家の方々などと協力して、 本気の「一字」を提供したいと考えています。
それは、日本はもちろん、全世界に発信します。
これからの時代を創っていく方へ、 我々の「一字」と共に、新しい歴史・新しい文化を創っていきましょう!

1000 years has passed since Kaou was born in Japan.

150 years has passed since Kaou has disappeared in Japan.

” We wish everyone to have one’s own and earnest sign!”

Japanese has moved our history by Kaou at every age.
There was always signature of historic people in our history.
However, Japanese people has become to use seal impression.
Now,I want everyone to have one’s earnest sign!
I want everyone to have Kaou you can proud of and live together with.

As well as leaders of nations and organizations, common people are often required to sign at home and abroad.

We are collaborating Japanese famous calligraphers to offer you one and only “one letter” made only for you.
And we will offer this information to not only Japan but whole world.

I want to ask all the people who will make future, let’s make new history and new culture with our “One letter”,Kaou!


一般社団法人日本花押協会
代表理事 瀬川和哉

Segawa Kazuya
Representative Director

講習受講者の声

協会会員真田幸村第14代当主 真田徹 様

花押講習

現在協会が行っている講習の種類は「伝統花押講習」「縁起花押講習」「花押講師認定講習」の3つになります。

 

「伝統花押講習」は「花押の歴史を学び、自分の花押をつくる」講習です。

日本で独自の進化を遂げ1000年以上もつづいた日本独自の署名文化「花押」それが何故、現代では一般に名前さえも知られなくなったのか。そして、そんな独自の署名文化を築いた日本が何故、現代では世界でも唯一の印鑑文化になってしまったのか。それは、江戸時代に秘密がありました。その秘密が伝統花押の座学講習で明らかになります。
そして最後に、一生ものの自分の花押を手に入れた喜びは日本人のアイデンティティをくすぐります。

受講時間:1日(10時~17時)※座学のみは12時まで
定員 8人
※定員になり次第締め切ります。定員は、伝統花押講習の定員です。座学講習は12人まで。

受講料:伝統花押講習 3万円(税別)座学のみ 5000円(税別)

 
≪伝統花押講習予定日時≫

1月21日(日)10時から17時
場所 渋谷駅から徒歩約8分
座学:磯部みゆき(歴女子会主宰) 実技:龍玄(書道家)

1月27日(土)10時から17時
場所 渋谷駅から徒歩約8分
座学:大島直也(元ドロンズ/タレント) 実技:杉村凪絆(書道家)

1月28日(日)10時から17時
場所 原宿駅徒歩約10分
座学:鈴木智博(戦国魂代表) 実技:笑韻(書道家)

 

 

「縁起花押講習」は、花押の販売が出来るようになる講習です。
花押は日本で1000年以上の歴史のある文化であり、販売にあたりその歴史を理解して花押を制作する必要があります。
また、花押は署名であり発注者が自分で書けるように納品しなければ意味がありません。
しかし発注者は多くの場合、花押の歴史を知りません。
また、現代では書けない花押が納品される事があります。

それでは何が花押なのかわからなくなり、花押の文化が未来に継承されないどころか、逆に花押の文化が無くなってしまう事も考えられます。

日本花押協会では花押販売にあたり、書アートと花押が混同してしまう事を防ぎ、花押の本質をしっかり未来に継承していけるよう、制作した花押に認定花押証明書、花押解説書を発行し、書き順に関しては書面と動画により対応を行っております。

協会が書体や型、書き順の記載された証明書を発行することにより、製作した花押が単なるアート作品ではなく花押である事の裏づけを証明し、日本の歴史ある文化であるという証明にもつながります。
また、本来の署名という役割も同時に伝えることができます。

認定書を発行した花押は協会に登録、管理されます。
その他、協会が行う展覧会への出展や他団体とのコラボイベントの参加権利なども得られます。

筆使いに不安な方でも安心していただけるよう、講習後も21日間の課題にてフォローしております。

アーティストとして、花押を販売という側面から未来に継承してみませんか。

受講時間:1日(4~5時間)+21日課題

受講料:6万円(税別)

 

「花押講師認定講習」は、「伝統花押講習」及び「縁起花押講習」の講師として活動できる権利を得る講習です。

事業計画の立て方なども講習を受けます。

受講時間:1日(4~5時間)

受講料(20万円)

お問い合わせ

各講習の申し込み、取材依頼、協会へのお問い合わせは下記フォームよりお願いします。担当より返信させて頂きます。(返信が1営業日以上無い場合はお手数ですが電話にてお問合せください。03-6427-2812)


伝統花押受講希望縁起花押受講希望取材希望その他

会社概要

団体名:一般社団法人日本花押協会

代表理事 瀬川和哉
専務理事 渡邉政良
常務理事 栗原裕子

電話 03-6427-2812

メール info@kaou.or.jp
Facebook
Instagram

住所
東京都渋谷区東1丁目27-7
渋谷東KMビル7階
株式会社キントウン内

JR山手線 / 渋谷駅新南口 徒歩4分
東京メトロ副都心線 / 渋谷駅 徒歩5分
JR山手線 / 恵比寿駅  徒歩10分
東急東横線 / 代官山駅  徒歩11分